Blog

含水率

2018.06.11|新潟県南魚沼の建築設計事務所・工務店

弊社ではいつも新築等の際、木材の含水率チェックというものを行っています。

含水率とは木材の中に入ってる水分の事で主に構造材で20%以下、造作材で15%以下が

適切といわれています。

今回の新築物件も地域振興局農林課の方の協力のもとチェックさせていただきました。

結果は写真の通りです。

因みに柱は全て越後杉を使用しております。

 

001.JPG

土台ヒノキ:平均14%

002.JPG

柱:杉平均 10%

006.JPG

梁:米松平均12%

さていよいよ屋根もふき上がりその全貌が見えてきました。

210.JPG

(有)米山工務店

米山

ページ上部へ