Blog

地杉について

2019.07.18|新潟県南魚沼の建築設計事務所・工務店

数年前から弊社では越後杉を使い始めました。きっかけはあるお施主様からの
ご要望でした。ここ数年は地産地消をテーマに地場で取れたものを地場の土に
返すが基本的な考えになって来ています。カーボンマイナスという観点からも
CO2の削減にも貢献できていると思っています。

そしてここ数年は構造材や下地だけでなく化粧材としての商品開発といった
視点からも見させて頂いております。

DSC00158.JPG

越後杉は色んな色味があり、赤、黒、白といった具合に生息していたところで
色味が全く異なります。
例えば平野部で生えていた木は芯が黒かったり、山に生えていたものは
赤身がかっていたりと生息地で色味が異なるところも特徴の一つといえます。

DSC00162.JPG

チョークで書いてある通り木の場所によって使い分けをします。
それを製材し乾燥させ加工して使用するといった手順です。


DSC00163.JPG

DSC00172.JPG

本年の物件も多数使用しますので早めにお見せ出来るといいなと思っています。
とにかく今の森を整備することによって山が美しくなり
地場の産業に繋がり、雇用も生まれ外来の材料を高い運賃を払い、排気ガスを
まき散らしながら使用するよりもはるかにエコで環境にも寄与出来る事と思っています。

(有)米山工務店
    米山

ページ上部へ